人生のサーファー

流れを見定め己の道を歩め!

俺流エッジ100本ノック中

 〜8本目〜

バルチック海運指数 チャート BDIY - Bloomberg

▶︎バルチック海運指数と海運株が連動

▶︎昨今、落ち込んでいたバルチック海運指数が戻してきています

▶︎中期的には海運株の買いの要因が多い

▶︎原油の下落が続いていることも要因の一つ

 

〜9本目〜

窓閉め

▶︎言わずもがな。しかし、不確実性もあり常に警戒必要。状況に応じて臨機応変二対応すべし。

 

〜10本目〜

oanda使ったひと読み

▶︎個人的には使えないと思っている。分母が小さいから資金力大きい大人が介入したら、そっちに流れるし。時間軸が違えば、走らせるのには期待値が少ない。

 

〜11本目〜

移動平均線のゴールデンクロス

▶︎個人的にはテクニカルは結果論であり、参考にしかならない。もし、ゴールデンクロス通りに相場が動いてるならゴールデンクロス出る前に認知できるはず。

 

〜12本目〜

ボリンジャーバンド

▶︎為替でも株でもアルゴがあるから、このあたりで動くのは分かるけど、ほんと一瞬だし、それがトレンドを形成しているかは判断できない。

 

〜13本目〜

ユーロ危機時にフラン高、円高、ドル高

▶︎長い時間軸の中では優位性あると思われる。そのため、ドルユーロの組み合わせが一番優位性があるよね。

 

〜14本目〜

経済指標や中銀の発言からトレード

▶︎長い軸でみればFXでもファンダが有効だと思う。しかし、短期でみればランダム。トレンド通りの発言でも逆に行くこともある。市場が要求する水準が高かったり、そこでリカクしたい人とかで反発するのかもね。。

 

〜15本目〜

新興国開催は売り 先進国開催は買い

 

〜16本目〜

機関投資家の動き読む

▶︎為替なら連休前とかポジション解消したい

 ▶︎トレンドの逆に動きやすい

▶︎株なら中小株には入りにくい

▶︎明確な売買ルールがある。

 ▶︎市場の変化を嗅ぎ取ることで、機関投資家の先手を打て

▶︎大型株は大人多いため、情報が直ぐに株価に反映されやすい

 ▶︎歪みがすぐに是正されやすい

 ▶︎個人投資家の優位性は大人が入りにくい中小株にあると考えられる。

 

〜17 本目〜

格付け発表後

▶︎まずは購入して1日で手放す

▶︎2.3日で下がるから売っとく

 ▶︎多分、機関投資家さんが結構そういうの好きなんだね。

 

〜18本目〜

内閣支持率が下がったら売りか

▶︎今回は売りではない。なぜなら、クジラがいるから。個人投資家もはいってきてるから。けれど、売りをするなら海外投資家が入っている株だと思うんだ。

 

〜19本目〜

米国株で下落した関連銘柄は気を付けろ!

▶︎日本株も売られやすい

▶︎てことは空売りのチャンス

 

 

広告を非表示にする