読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のサーファー

流れを見定め己の道を歩め!

EU圏の今後

 現在、原油が下落しており一年前の半値にまで押しやられています。その原因として、中国の景気後退による需要後退、イランの措置解除、その前のOPECによる原油価格の引き下げが大きく影響している。

 EUではCPIの中に原油の影響を含めるとある。そのため、今後金利引き下げや金融緩和が期待?できるかも。。つまり株価が上昇しやすい状態?しかし、ギリシャ危機再燃や他の国々に波及する可能性を含めれば確実とは言えない。。

 

 

広告を非表示にする