読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のサーファー

流れを見定め己の道を歩め!

通貨の興亡 黒田東彦

通貨の興亡 黒田東彦 

 ちょい古い本。図書館でみっつけた。日銀の介入の仕方について黒田さんの考え方の根本を掴めたかも。基本的に米国とかと違うんだね。今まで米国は強行的(タカ派)っぽく、日本はハトっぽかった。今はFRB議長のイエレンさんはハトっぽいけど。そんで、鷹のせいで日本は基本ハトってるのにバブルになったりで大変。そんだけ、経済政策って難しいってのを黒田さんは自認してるみたい。だから、基本的に黒田さんってハトなんだと思う。だけれど、重要なことは日本の経済状況を安定させること。それが一番だって黒田さんは言ってた。今はインフレ2%目標に頑張ってだね。きっと、彼なら上手くやってくれんじゃないかな。とか思う。笑顔がかわいいし。応援したくなる。って完全主観的なんだけどさ。

 

 

 

<勉強中。。。>

・鷹;強行派 ハト:慎重派

 

FOMC連邦公開市場委員会)は金融政策決定する所。FF金利FRB理事の7名と連銀総裁の5名の計12名で決定する。

 

FRB公定歩合決定(現在は形式的)できる。議長の個性がFOMの政策に大きく影響する。

 

広告を非表示にする