読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のサーファー

流れを見定め己の道を歩め!

歴史上の名言を相場に活かす

 ◇孫子兵法書

 

「敵を知り、己れを知れば、百戦あやうからず。敵を知らずして、己れを知れば、一勝一負す。敵を知らず、己れを知らざれば、戦うごとに必ずあやうし。」 

     

     

 ◇徳川家康の遺訓

 

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。おのれを責めて人をせむるな。及ばざるは過ぎたるよりまされり。」
 

 

 孔子論語)の教え

 

・人はだれでも過ちを犯すが、過ちを犯したことに気づきながらもそれを改めようとしない。これこそが本当の過ちである。

 

 

・成功者は必ず、その人なりの哲学をもっているものだ。その哲学がしっかりしているからこそ、成功者の人生は揺るがないのだ。

 

 

・人間は逆境において人間の真価を試される。人生の達人は逆境を楽しみ、順境もまた楽しむのです。

 

 

・早く成果を出そうとあせってはいけないし、目先の利益を追ってもいけない。早く成果を出そうとあせっては物事を誤り、目先の利益を追っていてはついに大事を成すことは無い。

 

 

・生来、人間の能力に大差はない。その後の精進によって、大きな違いが生まれる。

 

 

・何事も楽しんでやりなさい。楽しんでやることで、思わぬ力が発揮されるものなのだから。

 

 

・学びて思わざれば、すなわちくらし、思いて学ばざれば、すなわちあやうし。

 

 

 孟子の名言

 

・試みが失敗に終わったら、自分の落ち度をまず探せ。それを正すことができれば、世界は後からついてくる。

 

・志は、気の師なり

▶︎人間のやる気は志の有無で決まる。志を持ち、やる気に溢れれば自ずと元気になる。成功か失敗かでなく、志を持って日々を挑戦することが大切と言うことだ。反対が無為なる日々であろう。 by森祇晶

 

 

・いくら頑張っても、その方法が間違っていては成功は望めない。

 

 

・道は近きにあり、然るにこれを遠きに求む

 

 

 ◇マハン大佐

 

・戦争や戦術は教科書や授業で教わることではできない。会得するためには、過去の先史を丹念に調べることである。戦いの本質は古今東西、陸海と変わらない。古代に至るまでありとあらゆる戦史を調べ、更に陸上戦についても調べるべきだ。そして古今東西の戦術書を読み、その中から本質を抽出し、自分なりの作戦原理を編み出すべきである。借り物でなく、自分自身で編み出した作戦原理だけが、応用が効く物である。

 

 

 武田信玄

 

戦いは六分の勝ちをもって良しとせよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする