人生のサーファー

流れを見定め己の道を歩め!

本当にわかる為替相場 尾河 眞樹

本当にわかる為替相場 尾河 眞樹

▶︎今の自分には非常に有益であった。過去の相場の値動きや各通貨の特徴、金利差によるトレード手法などを知りレベルアップ♪

 

▶︎経常収支とか政治家の発言、国ごとの政策の違い、重視する指標の違いなどファンダメンタルによるトレードに有益。そして、長期の需給が見えてくれば短期での需要もわかりやすくなる。

 

▶︎2年国債利回り格差と為替相関みられる

 

▶︎10年債はトレンドとして機能 

 

▶︎長期的にトレンドがでた場合にはポジションが積み重なり反転した時は結構反発する。とか、結構有益やな。

 

▶︎リスク許容度上昇すれば高金利通貨が買われる▶︎つまり、今ならオージーとか。▶︎逆も言えてリスク許容度下降で売られる

 

▶︎海外投資家の心理で高金利通貨は売られやすい▶︎そんで、ドル高。もしくは円高。 

 ▶︎中国や米国の株価、経済指標に影響受けやすい

 

▶︎金利上昇にはいい上昇と悪い上昇がある

 ▶︎米国とギリシャみたいな感じかな

 

▶︎中東は金曜日休みで土日に市場開いている▶︎その動向も影響してる。特に月曜のAM2:00くらいが影響か▶︎月曜日の窓あけ▶︎未来レートとかでみられるらしいが不明。。

 

▶︎ロンドンフィックス:日本時間午前0時(冬時間の場合は、日本時間午前1時)

 ▶︎月初末はユーロドル、ユーロポンドの値動き激しい

 

*東京仲値:日本時間の9時55分に決定する。

*仲値:銀行などの金融機関が顧客との外国通貨(外貨)取引の際の基準レート

*仲値不足:5.10日や月末に企業が決算する。その日に銀行でドルが不足する。

 ▶︎この時間帯は円安になりやすい。確かに流動性考えたら、そうだね!

*ニューヨークのオプションカット:夏時間なら日本時間の午後11時、冬時間なら午前0時。この時間に様々な思惑から動きやすい。

 

 

オースラリアの政策はCPIに注目

▶︎短期では失業率が注目される▶︎政策が雇用重視のため▶︎金利決定

▶︎直近のオースラリアの経済状況

http://www.amundi.co.jp/report/pdf/market/20150804_ot_r01/20150804_ot_r01.pdf

 

OIS金利は先行指標として機能

▶︎ちょいよくわからん。ちゃんと調べよ♪

 

広告を非表示にする