人生のサーファー

流れを見定め己の道を歩め!

統計学が最強の学問である 西内啓

統計学が最強の学問である 西内啓

 

▶︎うーん、個人的には最強ではないと思う。統計学は悪まで概要つかむだけであり、それを個人個人、個別に当てはめたら全然違う答えだと思う。統計学は、出た結果をどう活かすかが大事だと思う。

 

▶︎例えば本文には喫煙を辞めたから寿命が伸びたーとかある。しかし、それは疫学的にはまだ解明されていない。実際には喫煙で寿命が伸びる場合もある。また、喫煙により病気が改善することもある(エビデンスあり)。それよりも本当は栄養失調の改善からの免疫力の向上であったり、医学的な発展が寿命をのばしていたり、経済的な発展がより多くの人達の生活や医療の質的な改善に導いたとも言える。がん患者さんが増えたように見えるのは、そもそも人類の寿命が長くなったからだとも考えられる。戦争が減って平和になったからなのかもしれない。そういった複合的な考えに対して盲目的にならざる終えないのが統計学

 

▶︎まとめ:『統計学は最強の学問である』。。。とバイアスに囚われた著者の視点で書かれた書物だと思う。統計から導かれたことを踏まえ複眼的・多角的に物事をみる必要があると思う。

 

 

広告を非表示にする