人生のサーファー

流れを見定め己の道を歩め!

ゆるーく考えよう ちきりん

ゆるーく考えよう ちきりん

 

<概要>

個人的には凄く凄く好きな考え方がつまってるエッセンス。自分の頭でゆるーく考えながら自分の価値観で生きていく重要性が説かれてると思う。

 

・ただ、この本や著者の意見は鵜呑みにするのは危険だと思う。多数の矛盾点があり、主張に一貫性がないため。けれども、大事なのは自分の頭で考えること。そこに重点を置いていることは特筆すべき点だと思う。既存の価値観やステレオタイプに囚われない生き方が大事。 それを伝えたいのだと思う。

 

<感想とか>

・昔、上昇したい野心家だった頃、そのままでいいと安心させられた。確かにその通りだなーとか言われてみれば正論な考えが多くあり参考になった。

 

・でも、ちきりんさんってとても努力した人だと思う。それは尊敬に値する。けど、れを考えてない読者が多いと思う。そして、仕事ができるし上昇志向も高いキャリアウーマンタイプだったはず。その中でも上位1%の知性を持ちながら運を掴み社会的にも成功している。

 

・そういう努力してきた成功者であることの前提をみんな忘れてるんだよね。多分、彼女がただの独身ニートのおばさんなら話は聞かないし、本は売れない。けど、読者はまるで彼女が独身ニートのように感じてしまう不思議。稼いでる。たんまりと。だから、精神的な余裕が有るし、哲学にふけるような生活が出来る。もし、彼女のような人生を送りたければまずは稼げ!偽善者ぶって余裕をもって生きるのはそれからだ!

 

・うーん、まんまとマーケティングにのせられた(笑)さすが仕事のできる女性は凄いと感心する。きっと、世の中には上昇志向をもちながら成功しない人がたくさんいる。努力しても上手くいかない人がたくさんいる。そういう人達の為に心地よい言い訳を用意してくれてるんだよね。

 

・うーんと、たまに的確なアドバイスや本質つくことも言う(矛盾点多数だけども)。それが上昇志向たっぷりの人達の心を癒す。そんで、読者の生き方、アイデンティティーを壊す。新しい価値観を植え付ける。はい洗脳終了。。。てな感じでかなりのやり手であるのは間違いない。

 

・つまりは新興宗教とかマルチ商法に近い方法だって気付かないと危険。けど、それに気付きながら読めば新しい価値観を探す一助にもなる。いわば試練だと思う。壁があって、その壁よりも簡単な壁がある。しかし、その壁の向こう側は自分が思う道なのか?

 

・とか批判的なことばかり書いてるけど、個人的には凄く好き。自分の頭で色々考えるきっかけになったしね♪

 

・ただ、全体的に人が成長する、進化する視点がない。自分の能力や人生に限定、満足、妥協がある。自分を小さな箱にいれてしまいかねない。どう考えても1年前の自分より今の自分、一ヶ月前より今の自分、一週間前より今の自分の方が成長している。

 

・投資では人間は現状維持の法則により現在のポジを保ちたがるんだよね。んで、でかい損失をする。その中に、もし自分を疑う気持ちや成長する気持ちがあれば損切りがあさくすむはず。そんで現状維持に視点が大きいと目先の利益が大きくみえてしまうんだよね。=利小損大の流れねー。プロスペクト理論やなー

 

 

まとめ

 

・まずは稼ぐ!彼女のように生きたければ能力と金銭的余裕が必要。

 

・現状維持に重きをおけばプロスペクト理論より利小損大な人生になる。

 

・結果に重きを置くのではなく過程を大事にする。その過程で自分を限定、満足、妥協する必要は無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする